2017年5月26日金曜日

平成29年度の千葉大学名誉教授称号授与式と懇談会・懇親会が西千葉キャンパスのけやき会館であり、私も案内が届きましたので出席してきました。新名誉教授は24名でしたが、欠席の人も数名いました。今年3月に定年退職した教授で、一定の条件を満たした人が対象ですが、今年は教育学部が一番多く、10名に上りました。ということは、教育学部では10人の教授が一度にいなくなるということですから、その後を補充する後任人事がうまく運んでいるのかどうかちょっと気になりました。今は大学は毎年の予算削減と定員削減の時代ですから、園芸学部でも誰かが定年で欠員になっても3年間は補充が出来ない状態だと聞きました。教育・研究上大きな影響がある筈ですから、大学の活力の低下につながらないか心配です。
園芸学部の名誉教授の出席者は、私を含めて5人でした。
懇談会では、学長が挨拶し、大学の近況についての報告があります。何といっても一番大きな話題は、国立大学の法人化後、文部科学省が運営費交付金配分をするにあたって、旧国立大学を3つのグループに分けたということです。重点支援①は地域貢献を主目的にした55大学、重点支援②は専門分野の特性を生かして世界・全国的な貢献を主目的にする15大学、重点支援③は卓越した成果を創出している海外大学と伍して世界最高水準の教育研究拠点を主目的とする16大学ですが、千葉大学はこの③に分類されています。その分、厳しい評価が課され、外部資金の獲得額が重要な物差しにされます。
まるでビジネスの世界のようで、大学本来の役割の落ち着いた教育と研究ができなくなっているような気がしました。



私のノースカロライナ州立大学時代の恩師の故W.C. Dauterman先生の次男のJohn 君は医師になりましたが、その奥さんのBonnie さんは息子2人を育てている聡明で美しい女性です。彼女のFace Bookには時々、共鳴できる素敵な書き込みが載っています。今回は5年前の思い出として、ちょうど5年前の今日の、聖書の一節を引用した書き込みが載っていました。


明日~明後日は、千葉大学空手部の同期の仲間数人が房総半島の山村の玄武庵という一軒家に一泊二日で集まって、旧交を温めることになっています。私は西千葉駅までバスと電車で行って、そこから先は友人の車に同乗させてもらうことになっています。久し振りに昔空手の稽古で一緒に汗を流した仲間に会えることに加えて、山村の新緑の景色を見られることも楽しみです。

2017年5月25日木曜日

松戸から成田市の甚兵衛の森まで一般道を走ると1時半ぐらいかかると予想して、集合時間の朝4時には確実に着くようにと思って2時15分頃出発しました。早朝というか真夜中に近い時間帯でしたので、全く渋滞がなく、3時ちょっと過ぎに着いてしまいました。早過ぎたので、甚兵衛の森の前にあるコンビニの駐車場に車を停めて、コーヒーを飲みながら樹木医の人たちが到着するのを待ちました。

甚兵衛の森には樹齢約300年の老大木のマツ8本の他に、もう少し若い大木や、比較的最近植栽された林分もあります。樹高約25mの老大木の樹冠部に対しては、15mの高所作業車の上から手持ちの鉄砲ノズルで散布しました。樹高の低い若い林分に対しては地上からも散布しました。昨年受注した造園業者の散布と最も違ったのは、林分全体や木全体に散布するのではなく、木1本1本に対して、樹冠部だけでなく低位置の枝葉に対しても、丁寧な散布が行われたという点です。
周辺住民の立ち入り規制についても、前日から散布を予告する掲示と立ち入りを規制するロープが張られていて、散布者2名、監視者2名で実施されましたので、安全性確保にも問題はありませんでした。
マツノマダラカミキリ成虫は通常は6月~8月が発生盛期ですが、ごくわずかですが5月下旬と9月初旬に発生する個体もいますので、スミパイン乳剤を6月に3回散布した昨年と変わって、今年は残効性のあるスミパインMCに切り替えて1回目散布時期を5月下旬に早めました。
散布直後の小枝を採取しましたので、今から薬剤の付着残留量を分析し、4週間後、6週間後にも同様の分析をして2回目散布の時期と3回目散布が必要かどうかの判断をすることになる筈です。
高所作業車の場所を変えたり、高さを変えたりの作業でしたので、昨年の散布作業時間30分~1時間に対して、今年は3時間半かかりました。その分、周辺住民に対する安全性確保と、飛来するマツノマダラカミキリ成虫に対する防除効果という点で、ベストに近い散布ができました。













2017年5月24日水曜日

いつもの床屋で散髪をしてもらった後で、明日の成田市甚兵衛の森での調査で必要なものをケーヨーデーツーというホームセンターに買いに行ったり、貸し倉庫に保管してある大きなアイスボックスを取りに行って車に積んだり、準備をしました。
明日は同行してくれる学生と一緒に朝の2時15分に出発する予定ですので、今夜は早く寝ます。