2017年9月24日日曜日

私は8月28日に群馬県の伊香保カントリークラブで開催された東京農大グリーン研究会/東京農大総合研究所研究会芝草部会共催の夏期研究会で松くい虫問題について講演をしましたが、東武緑地(株)の社員が参加していたらしく、後日同社のコース管理部の担当者から富士ゴルフコースの松枯れ問題について詳しい資料を添付したメールが届きました。当該ゴルフ場ではマツは年に数本枯れてはいるが松くい虫は検出されていないので、防除を続ける必要があるかどうか私の意見を訊きたいという内容でした。

【富士ゴルフコースの概況と現在の松くい虫防除概況】
■ゴルフ場の概況
・住所 山梨県南都留郡山中湖村山中262-1
・標高 1038m~1090m
・コース面積 約30万㎡
・松の本数  約1130本  アカマツ主体 H=15m  樹齢90年超 
■防除作業(年3回実施)
・6月下旬・・・全面薬剤散布(マツグリーンをスパウター、及び手散布により散布)
・8月上旬 ・・・6月下旬散布と同じ
・1月下旬・・・全エリアを4区画に分け、毎年エリアを移動しつつそのうち主要な約130本のみ薬剤(メガトップ:規定量)を樹幹注入している。
⇒全区域の740本の樹幹注入は実施できていない。
⇒メガトップの薬効が5年であるが4年周期で同じマツに樹幹注入を実施している。 
■被害状況
なし(年に数本枯死した樹木について検体を出しているが松くい虫による被害は見受けられていない)
 
同ゴルフコースは標高1,038m~1,090mに位置するとのことですので、田畑勝洋博士に松くい虫の生息・分布可能範囲は何で決まるのか問い合わせましたら、MB指数が22以上、マツノマダラカミキリ」の有効積算温量が700日度以上とのことでした。そのことをお伝えしましたら、早速MB指数を近くの気象庁山中測候所(7.8km離れていて、標高は63m低い)の気温データを使って計算したところ18.3になって22を超えていないが、有効積算温量は7月28日以降は700日度を超えるとのことでした。従って、ぎりぎり松くい虫が発生できるかできないかの境界ぐらいかなと推察できます。
上記資料の最後の、「年に数本枯死した樹木について検体を出しているが松くい虫による被害は見受けられていない」というのは、具体的にどうやっているのかという私からの追加質問に対して、業者が枝先を採取してマツノザイセンチュウ陽性かどうかDNA診断をやってもらっているとの回答でした。
マツノザイセンチュウの感染・枯死木の樹体内分布と密度には大きな振れがありますので、通常私たちは枝の他に、幹、幹の基部、株元を少し掘って露出させた根の部位から材片を採取して、ベールマン法で線虫分離とDNA診断をすることにしています。
枯死木を伐倒した時に枝先(当年枝・1年枝)の樹皮の後食(こうしょく)痕があるかどうかと、幹や枝の樹皮下にマツノマダラカミキリの幼虫が存在することを示すフラス(虫糞+木屑)と幼虫の穿入孔があるかどうかを丁寧に観察することも重要です。
コース管理部の担当者に、場合によっては次回に枯死木を伐倒する時に私たちが現地に出向いてこれらの観察と複数部位からの材片採取とDNA診断をしてもよいと提案しましたが、返信はありませんので、多分その必要はない(自分たちでできる)という判断になったのではと解釈しています。
これらの情報がない段階では、防除を中止してもよいかどうかの判断はできませんが、春に被害木が目立つということからは、寒冷地に多い年越し枯れの可能性が想像されます。
 



 
江戸川堤防に出かけ、坂道トレーニング3往復を含めて1時間20分ウォーキング/ジョギングしてきました。
園芸学部の旧正門の下りる道にはまたスズメバチの死体が2頭分ありました。昨日は白い色の花が咲いていた酔芙蓉は、今日はピンク色の花に変わっていました。
園芸学部の研究圃場のキンモクセイもいい香りのする黄色い花を咲かせていました。この木は私が現職の時に、多分今から30年ぐらい前だったと思いますが植えた木です。
落葉を見ると、それぞれ役目(光合成)を果たして世代交代したなと思って、ご苦労さんという気になります。これからは微生物その他によって分解されて土の成分の一部になって、また植物の根から吸収される栄養分となるのでしょう。
 











 

2017年9月23日土曜日

昨日、サイエンスライターの片瀬(本名今井)久美子博士がwarbler's diary というサイトでEM菌には水質浄化効果がないことを検証した記事について言及しましたが、同氏は2012-11の「EMとその類似商品について、効果の検証が不確かな病虫害対策の宣伝にも注意して下さい」という見出しの記事で、リンゴ腐らん病に対して青森県板柳町が「環境保全型農業推進事業委託」として株式会社縄文環境開発に委託したEM菌の実証試験についても、批判的な記事を書いていることに気がつきました。
http://warbler.hatenablog.com/entry/20121121/1353469530
私たちも、自然派ネットワークという団体が製造・販売(実際は中国から輸入)していた植物抽出液(漢方農薬)には合成ピレスロイド剤のシペルメトリンという殺虫剤が混入していることを1994年の農薬学会大会で初めて発表して以来、農薬代替資材として環境保全型農業や有機農業で病害虫・雑草防除に使われる同様の資材には農薬(殺虫剤・殺菌剤・除草剤)が混入されていることを明らかにしてきました。
当時、EM菌で作ったぼかしを堆肥として施用すると作物が活性化されて病害虫に加害されないと宣伝されていたのが実際には加害されるので各種植物抽出液(いわゆる漢方農薬)資材が防除に使われていましたが、私たちの発表によって使えないということになって、千葉県我孫子市にあったEM菌関係の研究所からずい分相談を受けたことを思い出します。
片瀬久美子博士の上記の記事は2012年ですから、1994年から8年経ってもまだそんなことが行われていたのかということになります。それにしても、分野が違うにもかかわらず片瀬久美子博士の科学者としての鋭い分析・見解に敬意を表します。館山市の水路の水質浄化問題で偶然出会ったサイトですが、これから今までに彼女が書いてきた記事を読むのが楽しみです。

秋分の日で祭日でしたので、何となく気分がゆったりして、江戸川の葛飾橋を渡って水元公園Bブロックに行き、2時間半ウォーキング/ジョギングをして運動をしてきました。
園芸学部構内を旧正門に向かって降りる坂道にスズメバチの死体が2頭落ちていました。同じ場所に先日も4頭落ちていましたし、もっと前には腹部だけ食べられたなくなったクワガタムシやカブトムシの死体も落ちていました。頭の上を見上げると野鳥がとまれる大きな木の枝葉が茂っていますが、何故いつもこの場所にというのは謎です。


江戸川堤防に上る交差点に交通安全運動のテントが張ってあり、標語を書いた看板が立っていました。両方ともなるほどと思いましたが、特に自転車に対する「あぶないよ 無灯火 携帯 二人乗り」はうまいなと思いました。
途中、アメリカシロヒトリの2化期の幼虫が発生しているウメの木とカキの木がありました。
水元公園Bブロックの小合溜近くの林の中にはヒガンバナがたくさん植えてあり、陽当たりのいい方はもう花が終わっていましたが、日蔭の方はまだ赤色が鮮やかでした。
誰かが野良猫に餌をやっているらしく、丸々と太った野良猫が4匹のんびり休んでいました。
桜堤(つづみ)の桜並木の下には少しずつサクラの落葉が落ちていました。
帰りに葛飾橋にさしかかった時はちょうど太陽が沈んだ直後で、遠くにライトアップした東京スカイツリーが見えました。




















2017年9月22日金曜日

一昨日視察に行った館山市の芝生育成圃場の近くのどんどん川には、地元のNPO法人「安房の海を守り育む会」 
http://www.city.tateyama.chiba.jp/anzen/page000681.html 
の人たちがEM菌(有用微生物群)の培養液と団子を投入して水質浄化活動をしているようです。

海に流入する川を浄化することで昔のきれいな海を取り戻すという目的は崇高で、共感できますので、EM菌の水質浄化効果についてネットで検索してみたら、片瀬久美子博士のwarbler's diary というサイトに、「EMによる水質改善効果徹底検証」というテーマでシリーズで書かれた以下の3つの記事が見つかりました。
(1)http://warbler.hatenablog.com/entry/2016/05/04/175520 
(2)http://warbler.hatenablog.com/entry/2016/05/04/211415 
(3)http://warbler.hatenablog.com/entry/2016/05/05/001901 
これを見ると、よくもまあこれだけ丁寧にデータを収集して調査をしたなと感心しますが、pH、BOD、COD、全窒素、全リン、臭気、大腸菌群数で比較すると、EM菌には主張・宣伝されているような川や池の水質浄化効果は認められないという結論に達しています。特に上記(2)の記事では、神田川水系ではEM菌投入を始めた2005年以降は他の調査地点と同様に大腸菌群数が増えているという指摘をしています。

サイエンスライターと自称している片瀬久美子博士とはどういう方だろうと思ったら、これはペンネームで、本人が2017.08の記事で公表している通り、本名は今井久美子で、経歴を見ると大変りっぱな経歴と研究実績のある細胞分子生物学分野の研究者のようです。
http://warbler.hatenablog.com/entry/2017/08/05/093420

水質を浄化するには、先ず川の上流域、中流域、下流域の水質を継続的に調査して、何が水質悪化の主要因なのかを特定し、その要因を除去するという科学的アプローチが必要な筈ですが、上記のNPO法人の活動目的は崇高ですが、最初からEM菌ありきで、EM菌の水質浄化効果を信じて培養液と団子を投入し続けるという間違った(非科学的)アプローチを採用してきたようです。
私たちは、どんどん川(川と言っても、河口部分以外は小さな水路)の水質を上流域から下流域まで複数の定点を決めて月に1回ぐらいの頻度で継続的に測定し、芝生育成圃場で使う農薬がEM菌の水質浄化効果に何らかの悪影響を及ぼすかどうか調査しようと思っていましたが、上記の記事の検証でEM菌投入にそのような効果がないことが明らかですので、水質調査は必要がないかもしれません。むしろ、芝生育成圃場で使う農薬がどれぐらい水路に流入するかしないか、農薬の水中濃度をモニタリングする方がより直接的な汚染指標として意味があるかもしれません。