2017年7月20日木曜日

明日の宮崎での農薬シンポジウムの基調講演の準備は全部できましたので、今日は昼休みに道場に寄って少しだけ筋力トレーニングをしてから水元公園Cブロックに行って1時間40分ウォーキングしてきました。まだジョギングや坂道トレーニングをするところまでは体調が回復していません。

園芸学部の顔なじみの造園技官が、イロハモミジの洞(うろ)にスズメバチの巣があって危ないから近づかないようにと注意してくれました。いつも1周することにしている洗心倶楽部前の芝生庭園の端に位置するところですので、刺激しないようにそっと近づいて見たら、キイロスズメバチらしきハチがしきりに出たり入ったりしていました。今まではなかった活動ですので、巣作りを始めたばかりなのかもしれません。造園技官によると、すでに園芸学部の事務に報告したとのことですので、事務から松戸市役所のすぐやる課に電話をして駆除の依頼をした筈です。

旧正門近くの路上には今日も新たに腹部を食いちぎられたカブトムシの♂と♀の死体がありました。
明日は朝4時半に自宅を出て、羽田空港から宮崎空港に向かいます。







2017年7月19日水曜日

食中毒と思われる症状もほとんど感じなくなりましたので、今日の運動は矢切の斜面林と江戸川堤防の間の農道を2時間20分ウォーキングしました。
畝と畝の間に苗を定植して間もないネギ畑がありました。ネギの生長に合わせて畝の土を寄せていくのでしょう。
農道沿いの電柱に、メジロなどの野鳥を不法に捕獲すると・・・の注意書きのポスターが貼ってありました。「不法に」の意味が私にはよくわかりませんでした。カスミ網で捕獲すると違法になるのか、それとも最近は野鳥を捕獲すること自体が不法なのか、調べてみないとわかりません。

帰りに園芸学部の旧正門の近くにオオスズメバチの死体が落ちていました。



2017年7月18日火曜日

猛暑に加えて体調がまだ万全ではありませんので、水元公園Cブロックに行って1時間10分だけウォーキングをしてきました。
園芸学部の生協前広場には就職ガイダンスの案内の看板が立ちました。
不動池の水位がずいぶん低くなっていましたが、木立の上にはアオサギが立っていました。
エゴノキ、カリン、ザクロの実が段々大きくなってきました。
コナラの幹にニイニイゼミの抜け殻がいくつも付いていました。
夕方園芸学部構内を通ったら、カナカナという物悲しい響きのするセミの鳴き声がしました。