2017年5月26日金曜日

平成29年度の千葉大学名誉教授称号授与式と懇談会・懇親会が西千葉キャンパスのけやき会館であり、私も案内が届きましたので出席してきました。新名誉教授は24名でしたが、欠席の人も数名いました。今年3月に定年退職した教授で、一定の条件を満たした人が対象ですが、今年は教育学部が一番多く、10名に上りました。ということは、教育学部では10人の教授が一度にいなくなるということですから、その後を補充する後任人事がうまく運んでいるのかどうかちょっと気になりました。今は大学は毎年の予算削減と定員削減の時代ですから、園芸学部でも誰かが定年で欠員になっても3年間は補充が出来ない状態だと聞きました。教育・研究上大きな影響がある筈ですから、大学の活力の低下につながらないか心配です。
園芸学部の名誉教授の出席者は、私を含めて5人でした。
懇談会では、学長が挨拶し、大学の近況についての報告があります。何といっても一番大きな話題は、国立大学の法人化後、文部科学省が運営費交付金配分をするにあたって、旧国立大学を3つのグループに分けたということです。重点支援①は地域貢献を主目的にした55大学、重点支援②は専門分野の特性を生かして世界・全国的な貢献を主目的にする15大学、重点支援③は卓越した成果を創出している海外大学と伍して世界最高水準の教育研究拠点を主目的とする16大学ですが、千葉大学はこの③に分類されています。その分、厳しい評価が課され、外部資金の獲得額が重要な物差しにされます。
まるでビジネスの世界のようで、大学本来の役割の落ち着いた教育と研究ができなくなっているような気がしました。



私のノースカロライナ州立大学時代の恩師の故W.C. Dauterman先生の次男のJohn 君は医師になりましたが、その奥さんのBonnie さんは息子2人を育てている聡明で美しい女性です。彼女のFace Bookには時々、共鳴できる素敵な書き込みが載っています。今回は5年前の思い出として、ちょうど5年前の今日の、聖書の一節を引用した書き込みが載っていました。


明日~明後日は、千葉大学空手部の同期の仲間数人が房総半島の山村の玄武庵という一軒家に一泊二日で集まって、旧交を温めることになっています。私は西千葉駅までバスと電車で行って、そこから先は友人の車に同乗させてもらうことになっています。久し振りに昔空手の稽古で一緒に汗を流した仲間に会えることに加えて、山村の新緑の景色を見られることも楽しみです。

2017年5月25日木曜日

松戸から成田市の甚兵衛の森まで一般道を走ると1時半ぐらいかかると予想して、集合時間の朝4時には確実に着くようにと思って2時15分頃出発しました。早朝というか真夜中に近い時間帯でしたので、全く渋滞がなく、3時ちょっと過ぎに着いてしまいました。早過ぎたので、甚兵衛の森の前にあるコンビニの駐車場に車を停めて、コーヒーを飲みながら樹木医の人たちが到着するのを待ちました。

甚兵衛の森には樹齢約300年の老大木のマツ8本の他に、もう少し若い大木や、比較的最近植栽された林分もあります。樹高約25mの老大木の樹冠部に対しては、15mの高所作業車の上から手持ちの鉄砲ノズルで散布しました。樹高の低い若い林分に対しては地上からも散布しました。昨年受注した造園業者の散布と最も違ったのは、林分全体や木全体に散布するのではなく、木1本1本に対して、樹冠部だけでなく低位置の枝葉に対しても、丁寧な散布が行われたという点です。
周辺住民の立ち入り規制についても、前日から散布を予告する掲示と立ち入りを規制するロープが張られていて、散布者2名、監視者2名で実施されましたので、安全性確保にも問題はありませんでした。
マツノマダラカミキリ成虫は通常は6月~8月が発生盛期ですが、ごくわずかですが5月下旬と9月初旬に発生する個体もいますので、スミパイン乳剤を6月に3回散布した昨年と変わって、今年は残効性のあるスミパインMCに切り替えて1回目散布時期を5月下旬に早めました。
散布直後の小枝を採取しましたので、今から薬剤の付着残留量を分析し、4週間後、6週間後にも同様の分析をして2回目散布の時期と3回目散布が必要かどうかの判断をすることになる筈です。
高所作業車の場所を変えたり、高さを変えたりの作業でしたので、昨年の散布作業時間30分~1時間に対して、今年は3時間半かかりました。その分、周辺住民に対する安全性確保と、飛来するマツノマダラカミキリ成虫に対する防除効果という点で、ベストに近い散布ができました。













2017年5月24日水曜日

いつもの床屋で散髪をしてもらった後で、明日の成田市甚兵衛の森での調査で必要なものをケーヨーデーツーというホームセンターに買いに行ったり、貸し倉庫に保管してある大きなアイスボックスを取りに行って車に積んだり、準備をしました。
明日は同行してくれる学生と一緒に朝の2時15分に出発する予定ですので、今夜は早く寝ます。

2017年5月23日火曜日

用事があって長柄(ながら)町の日本メディカルトレーニングセンターに寄ったついでに、途中の水田の写真を1枚撮りました。田植えをしたイネの苗がしっかり根付いていました。


松戸に帰ってから、夕方5時頃江戸川堤防と水元公園Bブロックに出かけて2時間15分ウォーキング/ジョギングをしてきました。金町側の江戸川堤防の復元工事は着々と進んで、今日は変な形のブロックを運び入れていましたので、堤防の一部の下半分は石段にするのかもしれません。
堤防から水元公園Bブロックに通じる桜土手には鮮やかな紫色のアザミの花が咲いていました。強い風が吹いていたせいか、ソメイヨシノの桜並木の下にはサクランボを付けた小枝が落ちていました。




水元公園ではスイレン(睡蓮)の葉とハスの葉がどんどん大きく展開していました。小合溜には冬の間はいろいろな水鳥が来ていましたが、全部どこかに渡っていったらしく、今日はアオサギとカワウを各2~3羽見ただけでした。
イロハモミジ(赤葉)とケヤキの新葉の緑のコントラストも面白いなと思いました。水元公園Bブロックには菖蒲池がありますが、早咲きの種類が数株だけ開花していました。

 
 







葛飾大橋に戻った時には日が暮れ始め、下流方向には富士山のシルエットが見えました。東京スカイツリーも電飾がきれいでした。


2017年5月22日月曜日

6月5日(月)~6日(火)に予定している三保松原のクロカミキリその他の調査には、結局樹木医5人と私の6人で行くことになりました。5日には千葉県香取市の府馬の大楠(おおくす)(実際はタブノキ)の害虫(クスベニカミキリとホシベニカミキリ)防除の薬剤散布がありますので、私も見学に出かける予定です。
クスベニカミキリhttp://www.weblio.jp/content/%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%99%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%83%9F%E3%82%AD%E3%83%AA
ホシベニカミキリhttp://www.weblio.jp/content/%E3%83%9B%E3%82%B7%E3%83%99%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%83%9F%E3%82%AD%E3%83%AA

その後で、多分車2台に分乗して三保松原のある清水市に向かいます。夕方のクロカミキリ成虫が活動する時間帯に松原内を歩き回って調査をする予定です。世界遺産内を6人の男たちがウロウロ徘徊して不審者と思われると困りますので、静岡市役所の担当者に私たちの計画についてメールで連絡をしておきました。5日の夜は清水市内のホテルに宿泊して、翌6日の午前中には清水区役所内の治山林道課に寄って松くい虫被害や対策に関するいろいろな資料を入手してくる予定です。

園芸学部に寄って、今週25日(木)に予定されている甚兵衛の森における調査を手伝ってくれる学生に会って、作業の説明と打ち合わせをしてきました。当日は朝2時15分に私の車で松戸を出発して、現地には朝4時には到着する計画です。

園芸学部内のマテバシイとスダジイは新緑が輝いていますが、緑色が少し違いますので、戸定ケ丘の斜面林の新緑もこれで今の時期は遠くからでもだいたい見分けがつきます。

2017年5月21日日曜日

昨日もそうでしたが、急に気温が上がって夏のような天気でした。テレビニュースでは、場所(群馬県館林など)によっては35℃を記録したところもあったようです。
日曜でしたので、昼休みに園芸学部構内を通って隣接する戸定が丘歴史公園に寄り、それから江戸川堤防に行き、葛飾橋を渡って水元公園Cブロックを2時間15分ウォーキング/ジョギングしてきました。

園芸学部構内のヤグルマギクの花壇には紫やピンクや白い花が咲きほこっていました。洗心倶楽部前の芝生の真ん中にはクスノキの大木が立っていますが、その木陰に寝そべって本を読んでいる人がいました。
戸定が丘歴史公園の庭にはアズキ色の葉を付けた木がありましたが、ラベルを見たらベニバナトキワマンサクと書いてありました。ツツジにはアゲハチョウの一種が来て蜜を吸っていました。
水元公園Cブロックのヤマモモの木には未成熟の実がたくさんなっていました。
途中の民家の庭には黄色と橙色の混ざったバラの花が咲いていました。ヒノキかサワラのような葉をした木に変な形と色の球果がついていましたが、この球果も、今は単に未成熟なので乳白色なのだけかもしれません。今後どう変わっていくか見てみようと思います。
葛飾橋の橋梁の上部の穴には毎年ムクドリが営巣しますが、今年はあまり姿を見ないなと思っていましたら、いつの間にか2~3の巣でヒナが孵ったらしく、餌をねだるヒナ鳥の鳴き声がする穴があり、親鳥が出入りしていました。







 



2017年5月20日土曜日

午後2時10分から秋葉原駅近くの喫茶室ルノアールニュー秋葉原店(貸会議室)で松園会の勉強会が予定されていましたので、その前に江戸川堤防に行って1時間20分ウォーキング/ジョギングをしてきました。
園芸学部構内のヒノキの高木にはツタ(蔦)が登っていました。JR常磐線の陸橋を渡る時はいつも戸定ケ丘の斜面林を振り返って新緑の状況を見ることにしていますが、すっかり緑色が濃くなってきた一方で、まだ黄緑色が目立つ木もあります。多分、スダジイとマテバシイだと思いますが・・。
江戸川では水上スキーをしていたり、河川敷で日光浴をしている人もいました。
金町側の堤防の不要になった樋管(ひかん)を撤去した後の堤防復元工事は大分進行し、もう少しです。

勉強会には加藤一郎氏と私の他に、農薬メーカーの社員7名と日本植物防疫協会の社員1名が参加し、農業に関する非常に濃密かつ高尚な話題提供と意見交換が行われました。農薬は、農業あってのビジネスですから、日本の農業のあり方について真剣に考えるのは当然ですが、単に効率化だけでなく、地域をどう守るかが課題だという認識で一致しました。参加者中には学生時代はあまり勉強をせずに問題のあった者もいましたが、卒業して何年か経って、こうして社会の第一線で活躍している現在の姿を見て嬉しい気持ちになりました。

勉強会終了後は近くのローズ&クラウン秋葉原店に移動して、懇親会をしました。私もビールを軽く一杯飲みましたので、帰りは松戸駅に着いてからわざと遠回りして江戸川堤防をブラブラ散歩をしながら家に帰りました。夕焼けでしたので富士山のシルエットが見えるかもと期待しましたが、残念ながら今日は見えませんでした。